About

初めまして。
田辺 亜吏可 (たなべ ありか)です。

大学卒業後、もう少しデザインの勉強をしたいのでロンドンへ留学させてもらおう!と思っていたら、父の強い勧めでイタリア/フィレンツェへ行くことに。

それまでの自分とは真逆のような国、イタリアに最初は戸惑いを感じましたが、”住めば都”、イタリアがだんだん愛しい国になりました。

2年の留学を終えて帰国したのですが、やっぱりイタリアが恋しい! イタリアへ戻り、その後イタリア人の夫を持ち、子どもが二人生まれ、イタリアのマンマの生活を満喫していました。

フィレンツェ、シエナ、ウンブリア地方のトラズィメーノ湖のふもとで14年間楽しく暮らした後、”せっかくなので子どもたちに日本の生活も経験させよう”と帰国しました。

地元福岡でイタリアの家庭料理のお料理教室 che deliziaを開き、たくさんの方々と素敵な時間を過ごすことが出来ました。

また小さなイタリア語教室も開き、ここでもとても嬉しい出会いがありました。

銀行のソフト専門のシステムエンジニアの夫が昔、”いつかお惣菜屋さんをしてみたいね”と言っていたことを現実にすべく、小さなイタリアンお惣菜のお店 la Tana/ラ ターナを2014年にオープン。

ラ ターナで出すものは体にも心にも優しい食べもの。普段私たちが食べているような化学調味料などは一切使わない家庭料理のお惣菜やパン、ピザ、焼き菓子、ティラミス、イタリアのおいしい飲み物の他、お昼は日替わりのパスタとお総菜を詰めたランチボックスを作っていました。

心を込めて作ったものを”おいしい!”と食べてもらえる喜び。大繁盛というわけではなかったけれどとても貴重な経験になりました。

私の3番目の子の妊娠を機にラ ターナを閉店することを決め、お料理教室、イタリア語教室もいったん終わりにして、日田の山の中に移住しました。

第3子(ちびちゃん)を出産。

ラ ターナのお菓子や自分の家で出来た柚子を丸ごと使ってきび砂糖と煮た柚子マーマレードなどを水辺の郷 おおやま木の花ガルテンに出荷しつつ、夫は農業にもチャレンジ。 この場所でも作り易いイタリア野菜を探しながらいろいろな野菜を植えて実験中です。

今年はイタリアでも希少なトマト、クオーレ ディ ブーエを中心にいろんな種類のミニトマトなど、夫(ガロファロ ミケーレ)が木の花ガルテンに出荷しています。

農薬や化学肥料を一切使わず、心を込めて作った野菜を是非食べてみてください。

変化の多い私の人生。これからもたくさんの経験を宝物にしながら楽しい毎日を送っていきたいと思います。

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中